【面接対策】これで安心!前日準備のチェックポイント ~身だしなみや当日のマナーまで~

018434aa464621668920a7ea591e5d13_s
突然ですが、パッと人を見たときに「優しそう」や「気難しそう」などと思ったことはありませんか?

どんなに見た目で判断しないように気を付けていても、第一印象で人を評価してしまった経験は誰にでもあるかと思います。では、時間が限られた面接の場でなるべく良い印象を与えるには一体どうしたら良いのでしょう。

1971年にアメリカで提唱されたメラビアンの法則では「人は見た目や表情・しぐさなどの視覚情報が55%、口調などの聴覚情報が38%、話の内容などの言語情報が7%の割合で第一印象を判断する」といわれています。つまり、マナーや身だしなみなど目に見える部分をきちんとすると良い印象を与えやすいということです。

そこで今回は、第一印象で失敗しないための面接準備や当日のマナーについてまとめました。こちらを参考に、しっかりと準備しましょう!

・持ち物

面接の際に必要な持ち物をリストにしました。必ず使うものばかりではありませんが、何かあったときのために持っておくと良いでしょう。
図作成用1

・道順の確認

駅からの道順はもちろんですが、電車のホームから出口までの距離を確認することも大切です。確認を怠ると、遅刻したり、焦って会社に向かったりと到着する頃には息が上がってしまう場合も…。

・敬語の復習

「資料を拝見させていただきました」。

この言い回しが誤っていることに気付けましたか?これは二重敬語になっているので、「資料を拝見しました」と使うのが正解です。分からなかった方は敬語の使い方に要注意。他にも「貴社」「御社」の使い分けなど、「マナーが身に付いていない」と思われないよう気を付けましょう。
面接時の身だしなみに一番大切なのは清潔感です。また、友人と遊びに行く時とは違うので、好きな服装や髪形をするのではなく、なるべく好印象を与える服装や髪形を意識しましょう。男女別のマナーは以下を参考にしてください。

・男性編

シワシワのワイシャツではだらしないという印象を与えてしまうので、きちんとアイロンをかけます。また、足元の清潔さを人事担当者が見ていることもあるので、革靴はきちんと磨いてください。その他にも、ヘアワックスのつけすぎや派手な柄のネクタイなどは避けるようにしましょう。

・女性編

メイクやアクセサリーは華美になりすぎていませんか?面接はオシャレを楽しむ場ではないので、TPOに合わせたものを心がけましょう。また、香りが苦手な人もいるので、香水などをつけたい場合はつけすぎないよう注意してください。

・到着時間

当然ですが遅刻はNGです。電車の遅延などで到着が遅れてしまう場合は、たとえ数分であってもきちんと担当者に連絡をしましょう。予定時刻の10分前に会社に着いて身だしなみを整え、5分前に受付をするのが理想です。

・待っているとき

面接が始まる前の時間は、身だしなみの最終確認や深呼吸をしましょう。待ち時間の態度は人事担当者に見られていることもあるので、スマートフォンに夢中になってしまうなど気を抜かないようにしてください。

・面接中

正面を向き姿勢を正して、きちんと声を出しましょう。何よりも大切なのは「会話をする」ということです。質問に対して用意した回答を話すだけではなく、コミュニケーションをとることを意識してください。また、会話に合わせて笑顔や真剣な顔など表情を使い分けることができるとより良いでしょう。
面接のお礼メールは必ずしも必要ではないとされています。しかし、もし面接後に企業と何らかの連絡を取る場合は「面接の機会をいただき、誠にありがとうございました」と一言伝えると好印象です。

いかがでしたか?

社会人生活の中で大きな割合を占めるのが仕事です。だからこそ、「働けるのならどこでもいい」と会社を選ぶのではなく、なるべく自分が活躍できる企業を選ぶことが大切。しかし、せっかく探して見つけた企業に身だしなみやマナーで悪い印象を与えてしまうのは残念ですよね。しっかりと準備をした状態で面接に挑んでください!

「資格de就職」はあなたの資格を生かせる企業選びをサポートします。まずは求人情報を検索してみましょう!

17_images_15704311651