最後に!元気になる言葉

3391216_s
LEC専任講師の高瀬宣行です。
いよいよこのコラムも最終回になりました。今回は、私が日頃から心の中で口にしている、元気になる言葉(自分を鼓舞する言葉)を紹介したいと思います。
36_images_15922808161
LEC専任講師 高瀬 宣行(たかせ のぶゆき) 氏
大学卒業後メーカー勤務を経て1995年に大学受験予備校の数学講師となる。その後、公務員試験教養科目(主に数的処理)、簿記、宅地建物取引士、キャリアコンサルタントの講師も歴任するようになる。講師歴は通算で25年。

一見難しい内容であっても、日常生活などに結び付けて丁寧な講義を行い、受講生からは「とても分かりやすく丁寧」と評価を受けること多い。

また、数学の知識がほぼ0、法律の知識が全く0から講義ができるまでのレベルに達した自らの経験から、いかにして問題を解けるようになるか、理解できるようになるかの確固たるノウハウを持っており、学習に伸び悩んでいる受講生によっては大変頼れる存在である。
◆高瀬講師の詳細なプロフィールはこちら

挨拶は誰より早く元気良く

挨拶はコミュニケーションの基本です。相手から真っ先に大きな声で挨拶されると、とても気分が良いと思います。
今度はあなたが真っ先に大きな声で挨拶をしてみてください。きっと、周りの方もあなたも良い気分で過ごせますよ。 

果報は寝ても来ない。迷っていたらまず動く

「果報は寝て待て」という格言があります。幸運は人の力ではどうすることもできないから時機を待つほうが良い、という意味です。しかし、目まぐるしく変化する現代社会においては、待っていても幸運は来ないと思います。目の前にチャンスがあれば、積極的に行動するべきです。そして行動するにしても、チャンスを幸運に変えるスキルがなければチャンスは消えていきますので、常日頃からの準備が大切です。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

稲穂は成熟するほど、稲穂自身の重さでだんだんと頭を下げたような形になっていきます。私の場合、上手くいっているときほど謙虚になることを心がけています。成功するにしても、自分1人だけの力で成功するということはまずありません。周りの後押しがあって上手くいく場合がほとんどです。決して傲慢にならずに、常に周りに感謝の気持ちを持って行動するように心がけています。

はたらく(働く)とは「はた(傍)」を「らく(楽)」にすることである

傍(はた)とは、周りとか周辺という意味があります。働くというのは、「周りの人たちを救うこと=周りの人を楽にすること」なのです。世の中にある仕事は、すべて世の中が求めている仕事です。すべて人の役に立つ仕事です。自分が行動する事で、たくさんの人が救われる、たくさんの人が笑顔になれる、そう考えると、“はたらく”ことに対して、やりがいを感じることができると思います。
3387075_s

ありがとうの反対語は

私が実際に体験した話を基に、私が考えた散文(詩)を送ります。
-----------------------------------------------------
ありがとうの反対語など考えたことがなかった。
考えた答えは あたりまえ。
ありがとうは漢字で書くと「有難う」
「有難(ありがた)し」と言う意味だ。

あることが難しい、まれである。
めったに無いことにめぐり合う。
すなわち奇跡ということだ
奇跡の反対は 当然とか当たり前

我々は毎日起こる出来事を当たり前と思って過ごしている
歩けるのが当たり前
目が見えて、耳が聞こえるのが当たり前
手足が動くのが当たり前
毎朝、目が覚めるのが当たり前
食事ができるのが当たり前
呼吸ができるのが当たり前
友達といつも会えるのが当たり前
太陽が東から昇るのが当たり前
帰ったら家族がいるのが当たり前
そして、生きているのが当たり前

俺が24歳のときの話を思い出した

当時はメーカーの営業職として2年目
1年後輩にKという男がいた。金曜日の夕方だった。
K:「高瀬さん!また土日はパチンコですか!最近出ていますか~?」
私:「最近はあまり出ていないね~最近は彼女とどうなの?」
K:「仲良くやっていますよ~それより今日、メシ食いに行きませんか?この間おごってもらったから、今日は俺がおごりますよ!」
私:「いや~今日は俺、今から予定が入っているんだよね。また今度行こうな!」
K:「近いうち必ずっすよ!」

その日の夜…
Kは帰宅途中に無免許・飲酒運転の車に轢かれ、2日後の日曜日に亡くなった。
土曜日にKの家族から連絡を受けて、病院に行った。
もう、そこには俺が知っているKはいなかった。
身体中を管でつながれ、もう意識が回復することは無いということだった。

あの日に一緒にメシ食いに行っていれば、Kはこんな目に遭わずに済んだかもしれない。
俺の当日の予定・・どうでも良い予定だった。
今でもこのことは悔やんでいる。

月曜日には、Kの机には白い花があった。みんな泣いていた。俺も泣いた。

誰しも今日と同じ日が繰り返されると思っている。
今日、誰かと会い、話しができ、笑い 食事をして仕事ができる
でもこれって、本当は奇跡の連続

生きて 出会う 奇跡の連続にありがとうと言わずはいられない
もしかしたら 生きていることが奇跡

大切な人と明日も会えると思っていたのに
明日を待たずに永遠の別れになるかもしれない

だから、今を今日を感謝して生きたい

明日は必ず来る、明日大切な人に会える、そう思っていませんか?
もしかしたら、不慮の事故等に遭いあなたに明日は来ないかもしれません。実は、今我々がこの世の中に存在して生きていることは、奇跡的なことなのです。
そのことに感謝して、変化が多いこの世の中を生き抜いて欲しいのです。 

全6回の連載がこれで終了しました。拙文を読んでいただき大変感謝をしています。
また何かの機会にお目にかかるときがあるかもしれません。その際はよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

関連キーワード

キャリア