【Web面接】カンペはバレるって本当?バレない位置があるか検証してみた!

3368782_s
近年、新型コロナウイルスの影響を受け、就活や転職活動などの面接をWebで実施するケースが急増しています。

この傾向は新型コロナウイルスの終息後(アフターコロナ/ウィズコロナ)も続いていくと見られ、これから就職・転職活動を行う方は対面での面接対策だけでなくWeb面接の対策も必要になっていくことでしょう。

Web面接で採用担当者側から見えるのはカメラに映る範囲のみのため「カンペを使っても面接官にバレない」と考える方が一定層いるようですが、実際にどう見えているのか心配ですよね。

そこで今回は、「Web面接でカンペを使ったらバレるの?」という疑問を解消するべく、カンペを使用すると画面越しの採用担当者にどのように見えるのかを検証していきます! 
カメラにカンペが映っていない場合でも「採用担当者にカンペはバレてしまう」と言われるのはなぜでしょうか。

その理由は、目線にあります。

本来、面接中の目線は正面を向いているはず。しかし、カンペを使用すると目線が行ったり来たりと不自然な動きをすることがあるのです。Web面接ではカメラ周辺から目線があまり動かないはずなので、他のところを見ていては採用担当者がカンペの存在に気付くのは当然といえるかもしれません。

新卒・転職問わず面接中は履歴書などの書類を持ち込まないのが基本です。もし面接で履歴書を持ち込みたい場合は、一言「履歴書を見てもよろしいでしょうか」など声をかければOKになるケースが多いので、隠して書類を見るのではなく声をかけてから堂々と見るようにしましょう。

もちろん、履歴書を持ち込まないのが理想ではありますが、「面接」という場に緊張しすぎて自身の魅力が伝わらないよりは書類を見ながらでもしっかりと気持ちを話してくれた方が好印象です。
Web面接ではデバイス(パソコン・スマホなど)の画面を見るのではなく、使用するデバイスのカメラを見るのがおススメ。こうすると、採用担当者は画面越しにしっかり視線が合っているように感じます。

特に志望理由や入社したいという意欲などを採用担当者に伝えるときには、なるべくカメラを見るように心掛けてください。採用担当者を真っ直ぐ見ると堂々としてみえるので、気持ちが伝わりやすくなるでしょう。

また、デバイスを置く位置に関しては、顔を下から撮影するとフェイスラインやたるみの影響で実際より老けて見えてしまうという意見もあるので、付属のカメラができるだけ目線と水平になるように置くことを推奨します。
アングル
▲左:目線の下にカメラを置いた場合、右:目線と水平にカメラを置いた場合
もしどうしてもカメラと目線が水平にならない場合は、デバイスの下に本を置くなどして調整してみてください。
▶WEB面接の基本的なマナーや気を付けたいことリストはこちらをチェック!
https://jpsk-job.jp/info/articles/column/61.html
▶WEB面接の気になる疑問とその回答はこちらをチェック!
https://jpsk-job.jp/info/articles/column/62.html 
まず、AとBの画像を見比べてみてください。
クイズ
この2枚はWeb面接で採用担当者から見える画面を再現した画像です。どちらの画像がカンペを見ながら話しているか分かるでしょうか。

正解は、もちろんB。こちらは、PCのモニターの横にカンペを置いている場合の画像です。面接を受ける方の目線が大きく正面からずれて見えると思います。 
手元画像
▲Bでカンペを持っている位置
それでは、カンペを置く場所によってどのくらい目線は変化するのでしょうか。
どこにカンペを置くとバレにくいのか検証する前に、まずは「カンペを見ていない場合」をご紹介します。
※今回は目線の位置をカメラと水平にするため、パソコンの下に箱を置いています。
※写真★マークの位置が、実験に使用したパソコンに設置されたカメラの位置です。
WEB面接_正面_カメラ位置
これがカンペを見ずに、正面を見ている場合です。カメラを真っ直ぐ見ていれば、採用担当者の目には基本的にこのように映ります。

 パターン1:手元にカンペを置いた場合

手元
「カンペを置くなら見やすい手元!」と考える方もいると思いますが、画像の通り手元にカンペを置くとあからさまに目線が下がってしまいます。そのため、「何かを見ながら話している」と採用担当者に気付かれる可能性が高いでしょう。

 パターン2:使用するデバイスの横にカンペを置いた場合

横
パソコンやスマートフォン、タブレットなど、使用するデバイスの横にカンペを置いた場合の写真です。手元に置いた場合と比べると目線のズレは少し減りましたが、やはりカメラ以外のものを見ていると分かってしまいます。

 パターン3:デバイスのカメラの近くにカンペを置いた場合

付箋
3つのパターンの中で最もカンペを見ているとバレにくいのが、このパターンです。目線が少し上になっているのは感じますが、違和感を覚えるほどではありません。面接中に1~2回見る程度であればおそらく採用担当者は気が付かないでしょう。

ただし、何度も不自然に視線がずれると採用担当者もカンペの存在に気が付いてしまいます。カメラの横はカンペを置くスペースも限られるので、どうしてもカンペを用意したいという場合は、付せんサイズの紙に単語だけ書くのが良いかもしれません。  
「資格de就職」で就職・転職エージェントを行いながら運営元の企業にて採用業務も担当するK氏に「Web面接でのカンペ使用」についてアドバイスをもらいました!

・Web面接・対面での面接問わず履歴書やカンペなどを使用するのは採用に影響しますか?

もちろん事前に採用担当者へ一言声をかけていただきたいですが、「カンペを利用していたから」という理由で不採用にすることはありません。

企業研究をまとめたメモや伝えたい要点をまとめたカンペなどを用意している方は志望意欲が高いと判断され、良い結果につながる傾向もあります。

ただし、カンペを確認する頻度が多い方や棒読みになってしまう方は、「取り急ぎ調べたので覚えられていない」と感じてしまうため印象が悪く、お見送りする際の理由の1つにもなるかもしれません。

カンペはあくまでも補助として活用していただきたいですね。

・Web面接中はずっと目線が合っていた方が良いですか?

ずっと目線が合っていて欲しいとは思いません。カメラの位置と採用担当者の我々が写る画面の位置は少しずれているため、顔を見て話そうとすると目線はズレてしまうはずです。目線が合わないタイミングもあるのが自然なのではないでしょうか。

「面接中に伝えたい!」という重要なポイントでは、必ずカメラを見て採用担当者と目線を合わせると熱意が伝わりやすくなるのでおススメですよ。

また、Web面接では表情などが読み取りにくいケースも多いので、少し大げさなくらい表情を変えたりや身振り手振りをしたりしていただけると分かりやすくて良いですね。
カンペの置き場所をパターン別に比較した結果、最も採用担当者にバレないのはパターン3の「デバイスのカメラの近くにカンペを置いた場合」と分かりました。

しかし、採用担当者はふとした表情の変化や声の抑揚でカンペの存在に気が付いてしまうようです。

カンペを見なくても思いを伝えられるようにしてから面接に挑むのが理想ですが、「不安でどうしてもカンペを用意したい!」という方は、アピールポイントや必ず伝えたいキーワードなどを付せんに単語で書き、「念のためのお守り」として用意するのが良いでしょう。
86_images_16252122621
▲Web面接のコツ、自己PRのアドバイスなどをエージェントが無料でお手伝いします!
お気軽に「資格de就職」エージェントにご連絡ください。