自己分析で転職先を見つける!転職したいと思ったらやるべき4ステップ

3c8d147312ada2a220e1a3f1dca17127_s
新天地を目指して転職活動をすることになったとき、まず初めにすべきなのは「自己分析」でしょう。自分がこれからどのような働き方を希望しているのかを一度落ち着いて整理するのはとても大切です。

そこで今回は転職活動の自己分析に有効な4つのステップをご紹介。

企業とのミスマッチによってすぐにまた転職しなければいけない、なんて事態を避けるためにも、本格的な転職活動を始める前に自己分析をしっかりとして理想の働き方を目指しましょう!  
自分が経験してきた業種・職種を振り返ってこれまでのキャリアを棚卸し、それらの業務の中で感じたことを整理します。

例えば、チームで新しいプロジェクトに取り組んだ場合にも  

Aさん「通常業務には慣れてしまっていたので、新しいプロジェクトに選ばれて嬉しい。どんどん意見を出してプロジェクトを成功させよう。これが成功したら昇進できるかもしれない!」


Bさん「通常業務から離れて新しいプロジェクトを進めるのには不安がある。あまり自分の意見は出せないけれどサポート役に回って各方面との調整や事務作業をするのはやりがいを感じる」

と、人によって感情はバラバラなはずです。

Aさんは新しい業務にチャレンジしたり、積極的に意見を発信したりすることが楽しいと感じたようですが、Bさんは新しい業務にチャレンジするというよりはルーティンワークをこなしたり、裏方として一緒に働く仲間や取引先のサポート・調整をしたりすることにやりがいを感じると分かります。

上記は極端な例ですが、自分の経験とその時の感情をもとに「自分はどんな業務をしたときに楽しい・嬉しいと感じるのか」や「どんな業務をしたくないと感じるのか」を基に、「自分が本当にやりたいこと」を探してみましょう。  
ステップ1で導き出した自分の「やりたいこと」から、自分の強みを抽出してみましょう。

引き続きAさんとBさんの例を使うならば、Aさんはやはり、新しい業務にチャレンジしたり、積極的に自分の意見を発信したりできる点が強みと言えるでしょう。ただ、日常のルーティンワークに対しては面白みがないと感じてしまうなど、コツコツと何かを継続するのはあまり得意ではないのかもしれません。

一方のBさんは自分の意見を考え、発信するのはあまり得意ではないようです。しかし、日常のルーティンワークをこなしたり、業務の効率化を図れるよう立ち回ったりできるのは強みと言えます。

「好きこそものの上手なれ」ということわざがあるように、好きなことややりがいを持って取り組めることは強みに直結しやすいといえるでしょう。  
ステップ2で見つけた自分の強みに関連する具体的な実績やスキルを棚卸します。

Aさんならば、 

●その行動力を買われて新規プロジェクトメンバーに選出された

●ターゲットや競合の調査を行った

●その調査をもとに作成・提出した販促案で○件の商談を得られた

などからマーケティング調査や企画立案スキルを得意としていることが分かります。

また、Bさんならば、

●商品製造から販促・PRまでのリスク管理

●各委託会社との調整などを一手に引き受け、プロジェクトを成功に導いた

など、プロジェクトチームが効率よく業務を進行できるようなサポート業務を得意としながら、継続的な調整能力やリスク管理スキルが身に付いていることがうかがえます。

ここで挙げた実績やスキルは自己分析をする際の情報としてはもちろん、自己PRの材料にもなるので忘れずメモしておきましょう!  
ステップ3までで自分のやりたいことや長所・短所、実績を見つけられたら、いよいよ求人情報に目を通します。

募集要項の中で、自分の強みを活かせそうな仕事内容や自分が魅力を感じるポイント・魅力を感じないポイントを抽出して、ここまでの自己分析に落とし込んでみましょう。

また、自己分析を丁寧に作成しておくと、転職希望先への提出資料としてだけではなく、働き方や転職活動の指針になったり、求人情報を探す際や志望動機を作成したりする際にも役立ちます。  

いかがでしたか?

転職活動を始めたばかりの頃は自分の理想に沿って選考を受ける企業を選べても、だんだんと転職活動の期間が延びると内定の獲得に躍起になってしまって入社してから自分の理想と違うと気づいた、といった事態は避けたいですよね。

転職活動を本格的に開始する前にぜひ自己分析をまとめて、企業とのミスマッチを防ぎましょう。 

「資格de就職」はあなたの資格を活かせる企業選びをサポートします。まずは求人情報を検索してみましょう!

17_images_15704311651